パスワード一括管理 Lastpassの登録方法

lastpass登録方法


メールアドレス、SNS、ブログ、ASP等、IDとパスワードが沢山あって覚えきれないですよね。Lastpassを使うとツールがIDとパスワードを管理してくれて、さらに自動入力もしてくれます!

Lastpassとは?

Lastpassは、インターネット上で利用するパスワードを一括管理できるツールです。
パスワードの生成もしてくれるので、今後は考える手間が無くなります。面倒だからと利用するサイトが全部同じパスワード、さらに短くて単純なものにしている人にはぴったり!ツールで生成したパスに変更していきましょう!

パスワード生成

アカウント作成後は、どのOS&ブラウザからでもアクセス出来ますので、インターネットを繋げられるパソコンがあれば、外出先からも利用できます。Lastpassを使えば、もうパスワードを覚える必要がありません。

覚えておくのは、lastpassにログインするときの「マスターパスワード」だけです。

Lastpassの登録方法

ここではブラウザにGoogleChromeを利用している場合の登録方法を解説します。

GoogleChromeでlastpassにアクセスします。ダウンロードをクリックすると、以下のような画面に切り替わりますので、追加をクリックします。

googlechrome1

「LastpassがChromeに追加されました」と表示されます。ここの書かれている文言は無視して構いません。

googlechrome2

ブラウザ右側に黒い「*」をクリックすると様々な設定が可能です。まずは、アカウントを作成しますので、赤枠のリンクをクリックします。

lastpassアカウント作成

「アカウント作成」をクリック。

lastpassアカウント作成

利用するメールアドレスと、マスターパスワードを設定します。パスワードリマインダーは、万が一マスターパスワードを忘れてしまった場合のヒントを入力します

チェックボックに4つチェックを入れて、アカウントを作成をクリック。画面が切り替わると、再度パスワードを求められますので続けて入力をします。

マスターパスワード作成

他のブラウザーを使ってパスワード管理をしていた場合、ここでインポートが出来ます。
使用していない場合は、インポートしないをクリック。

データーインポート

フォーム入力とは、自分の住所やクレジットカードも管理出来るようになります。
正直おすすめしませんので、いいえにチェックをします。

formnyuryoku

登録完了しました!

lastpass登録完了

これでlastpassを使う準備ができました。次回より、lastpassの使い方を詳細にお伝えしていきます
lastpassを使いこなして、煩わしさから開放されましょう!

>>>Lastpassの使い方の記事はこちら!

スポンサーリンク
WEBライター講座公開中 更新時の利便性
WEBライター講座公開中 更新時の利便性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
WEBライター講座公開中 更新時の利便性