ネットで稼ぐ人の辛口用語集

ネットビジネス辛口用語集

ネットビジネスの専門用語をわかりやすく解説しました!

※五十音順

SEO会社

企業から依頼を受けて、その企業が所有するホームページのSEO対策を代行する会社のことです。

クラウドソーシングサイトでライターを募集する発注者には、このSEO対策を代行している会社も含まれています。

つまりライターは「企業の下請け」に位置します。

Back To Top

Google様

Google様とは、SEO対策がGoogleの方針に振り回されるため、私が勝手にそう呼んでいます^^;

YahooとGoogleの検索方法は現在同じGoogleのシステムを使っています。
実質、SEO対策はGoogle対策となっています。

Back To Top

SEO対策(エスイーオー)

SEO対策(エスイーオー)とは、特定の言葉をYahooやGoogleといった検索エンジンで検索した際、検索結果1ページ目に、自分のサイトやブログを表示させるための工夫をすること。

ざっくり言うとGoogle様のゴキゲンをうかがう行動のこと(笑)

Back To Top

SOHO(ソーホー)

SOHO(ソーホー)とは、パソコンを使って自宅や個人オフィスなどでビジネスを行っている事業のこと。その個人と企業を結びつけるのがSOHOサイト。

現在はクラウドソーソングサイトの利用が高まってきています。

Back To Top

WEBライター

WEBライターとは企業やアフィリエイターの依頼で、WEBサイトの記事を書きあげる職業のこと。

1記事数百円~1000円あたりで報酬が支払われます。納品時点で著作権を放棄することが大半で、自分の名前が世にでることはほぼありません。

All Aboutなどの名前が公開されるライターさんはその道の専門家ですので、WEBライターとはすこし系統がちがうライター業です。

素人でも始められるWEBライターは専門知識の必要がなく、ネットで調べられる範囲の情報を、自分の言葉で書きなおす技術が求められます。数あるネットで稼ぐ方法のなかで確実性があり、元手が必要ない安全な稼ぎ方です。

Back To Top

業務委託契約書

業務委託契約書とは、業務の詳細、金銭のやり取り方法、業務上の取り決めなどを口約束にしないために書面として残す契約書です。

在宅ワークはアルバイトではなく「業務委託」になりますが、クラウドソーシングサイトでこの書面をかならず求められるわけではありません。また「業務委託」を直接取り締まる法律はありません。

捺印が必要となりますので、かならず隅々まで読み理解しましょう。在宅ライターの場合は、この書面に納品物の著作権を放棄することや、盗用・流用が発覚した際は損害賠償を請求する場合があると書かれていることが大半です。

【注意】この書類がなくても盗用・流用は法律的にダメですからね!!

Back To Top

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、不特定多数に向けてお仕事を引き受けてくれる人を募集し外注する形態のことをいいます。

企業にとっては法人に作業を依頼するよりもコストが掛からないメリットがあり、個人にっとては会社に縛られない自由な働き方や副業として、ひとつの選択肢になっています。

仕事を依頼したい企業と、仕事を受けたい個人をマッチングさせるのが「クラウドソーシングサイト」です。

昔はデザイナーやプログラマーといった専門知識が必要な案件ばかりでした。

最近増えてきたクラウドソーシングサイトの登場によって、初心者OKのかんたんな仕事(データ入力、ブログ記事作成、出品代行など)が増えてきて、会社員の副業、主婦の在宅ワークとして人気が高まってきています。

Back To Top

個人事業主

個人事業主とは、規模の大小関わらず法人化せず事業をしている人。もちろんお小遣い稼ぎや在宅ワーク、アフィリエイトも継続的に収入になっていて、稼ぐことを目的にしているなら立派な事業です。

Back To Top

コンサルティング

コンサルティングとはネットビジネスで稼げるようになった人が、稼げていない人に対して個別に指導してくれるスタイル。塾よりかは、こちらの方が稼げるようになる確率が高いと思います。

ただし、塾と同様に何十万もするのが相場。

コンサルティングの質は個人によるところが大きい

Back To Top

在宅ワーク

在宅ワークとは自宅で行う仕事のこと。内職とちがうのは自分の才能や能力を活かしてお金いただくところ。

そして内職より単価が高い。

データ入力、WEBライター、ホームページデザイン、キャッチコピー作成などなど、種類豊富。主にクラウドソーシンングサイトを通して仕事をもらう。

Back To Top

在宅アルバイト

在宅アルバイト、そんなもん存在しません!ネットビジネスの世界作られだ造語。

Back To Top

タスク作業

タスク作業とは、クラウドソーシングの作業種類。

ライティングの仕事では、ひとつのテーマに対して20記事、50記事とまとまった件数が必要な場合や、ざっくりとしたテーマで記事が必要なとき、日記レベルの簡単な文章でよい場合に依頼側が選ぶ募集形態です。

事務・ビジネスサポートとしては、小規模なデータ入力、メール代行、ネットショッピング出品代行など。

複数の人がWEB上で同時作業をしています(イメージとしてはお別れ会などで四角い色紙にメンバーがワイワイ同時に文章を書き込んでいく感覚です)

1つのテーマに対して何度応募してもOK(もちろん文章は変えてですけど)

単価は数十円単位ですが文章力を求められていないので、承認も下りやすく稼ぎやすいです。募集期間はありますが納期というものがなく、何日に仕上げなくちゃいけないというプレッシャーがありません。

書けそうなら、できそうなら参加する、そんなノリでOK!初心者ライター、初心者在宅ワーカーさんはタスク作業からどうぞ!

Back To Top

ブロガー

ブロガーとは、一般的な情報ブログを運営しGoogle AdSenseを主に収入源とする人のことを指します。

情報商材アフィリエイトをメインに活動しているブログ運営者をブロガーとは呼びません(それらはアフィリエイターになります)人気ブログになると訪れる訪問者が芸能人ブログ並にどえらいことになり、AdSense収入も数十万単位になります。

現在のアルルはアフィリエイターではなくブロガーに属します。

Back To Top

プロジェクト案件

プロジェクト案件とは、クラウドソーシングサイトの募集項目のひとつ。

タスク作業よりも作業量がふえて、求められるクオリティも高くなりますが単価が高額。そのため、業務委託契約書の記入を求められることがあります。

募集内容を確認後、応募メッセージを送り選考に通ると採用されます。そのあとは発注者からマニュアルや必要なツールなどの案内があり、作業を進めていきます。

タスク作業とちがって納品の締切日があり、守らないと契約を破棄されることも・・・。

在宅ワークで副収入を稼ぐには、この案件が稼ぎ頭になります。もっと気楽に稼ぎたい方にはタスク作業がおすすめです。

Back To Top

リライト

リライトとは、原文を全く別の文章に書き換える文章の作り方のこと。

例えば「猫がすやすやとクッションの上で眠っている」をリライトすると、
「クッションに横たわりぐっすりと猫が睡眠をとっている」となります。

これはあくまでもリライトの一例ですが、原文を参考に本質を変えず文章を書くと
何パターンもリライトができ、大量の文章を作成できます。

なぜリライトとをするのかというと、Googleは沢山の似たような文章を嫌い、類似性が高いと検索結果の順位を下げてしまいます。
コピペで使い回しが出来ないので、文章を変えて1つの記事を使いまわすためリライトがあります。

つまり、リライトとはSEO対策の一部なのです。

Back To Top

スポンサーリンク
WEBライター講座公開中 更新時の利便性
WEBライター講座公開中 更新時の利便性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする